来週1月15日 ストップ高予想銘柄

By | 2018-01-15

ファーストブラザーズ <3454>
17年11月期の連結経常利益は前の期比16.4%減の30.6億円になったが、18年11月期は前期比45.7%増の44.5億円に拡大を見込み、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。3期連続増収になる。同時に、今期の年間配当は前期比3円増の18円に増配する方針とした。
直近3ヵ月の実績である9-11月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比24.2%増の14.6億円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の32.9%→18.8%に大幅低下した。

<3791> IGポート
ストップ高。17年6-11月期(第2半期累計)決算を発表している。売上高は前年同期比67.5%増の45.42億円、営業利益は同30.6%増の2.82億円で着地した。第1四半期は赤字スタートだったが、第2四半期に大きく巻き返してきた格好となっている。戦略作品「魔法使いの嫁」シリーズなどが好調だったという。18年5月期の通期業績については、営業利益で前期比8.0%増の5.61億円とする従来予想を据え置いている。

レイ <4317>
18年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益は前年同期比2.6倍の4億4500万円に急拡大し、通期計画の4億円に対する進捗率が111.3%とすでに上回り、さらに5年平均の86.4%も超えた。会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した12-2月期(4Q)の連結経常損益は4500万円の赤字(前年同期は1億8500万円の黒字)に転落する計算になる。