明日10月27日 S高予想銘柄

By | 2017-10-26

<6265> 妙徳
ストップ高。半導体関連として本日は物色を集めたもよう。国内外で半導体製造装置業界の需要を取り込んでおり、上期は前年同期比47%増と大幅営業増益で着地。11月1日に第3四半期決算を控えており業績期待も高まったようだ。同社の他にも、本日は東証1部の芝浦メカトロニクス<6590>、新興市場ではトリケミカル<4369>なども半導体関連株として関心を集めた。

日本車輌製造 <7102>
18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常損益は26億円の黒字(前年同期は40.2億円の赤字)に浮上し、従来の18億円の赤字予想から一転黒字で着地。通期計画の29億円の赤字をすでに上回った。会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常損益は55億円の赤字(前年同期は11.2億円の赤字)に赤字幅が拡大する計算になる。直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常損益は18.3億円の黒字(前年同期は41億円の赤字)に浮上し、売上営業損益率は前年同期の-17.1%→7.8%に急改善した。

<7214> GMB
前日に業績予想の上方修正を発表している。上期営業利益は13.5億円から15.5億円に、通期では22.5億円から24億円へ増額修正。韓国や欧州における新車用部品、東南アジアにおける補修用部品の販売が順調に推移したことが業績上振れの背景になっている。第1四半期大幅増益で上振れ期待もあったが、一方では、主要販売先の現代自動車の販売減少に伴う影響も懸念されていたようだ。